小沢一郎が野田首相の協力要請拒否

小沢一郎が野田首相の協力要請拒否「やるべきことある」

野田総理と小沢一郎民主党元代表と党本部で約1時間半にわたり会談した。首相は消費税増税関連法案について「待ったなしだ。協力してもらいたい」と述べた。

 これに対し小沢一郎は
「大増税は納得できない。国民に大きな税負担をさせる前に政権としてやるべきことがある。賛成というわけにはいかない」と反論し、
法案に反対する考えを伝えたことを明らかにした。

野田佳彦首相との考えの違いに関し「一致点を見いだせるか分からない」と述べ
一方、首相との再会談に関しては「私は最近党員になったばかりの立場ですので、代表である首相から求められれば、当然どこにでも行く」といやみまじりで述べた。

小沢一郎の考えは一環していてブレない
言ってることは小沢一郎のほうが筋が通っていて正しい。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120530-00000544-san-pol

野上病院 医療ミスか否か


小沢一郎が世界3位に

国際政治上の危機分析を専門とする米調査分析会社ユーラシア・グループは19日、今年注目するべき世界の指導者10人を公表した。

民主党の小沢一郎幹事長が3位にランクイン

小沢一郎の側近への不当逮捕の因縁の対決は乗り越えると見ていて

分析結果は、小沢氏を「民主党内で最も力がある政治家」と位置付け、
党の選挙戦略や資金面、候補者選定をコントロールしていると指摘。

自身の資金管理団体をめぐる収支報告書虚偽記入事件を乗り越えることを前提に、
夏の参院選勝利に向けて政権全体に対して強い主導権を握るとした。

さらに「政策決定を他に委ねているが、自身の政治課題を解決するためには強権的に介入する」と解説。

もしも小沢氏が事件によって政治の舞台から降りた場合について
「政策面の影響はわずかだが、選挙への意味合いは途方もなく大きい」と強調した。

アメリカの方が日本の現実をよくわかっているみたい

虚像に囚われた政治家小沢一郎の真実

検察vs.小沢一郎


またあまりにもひどい偏った検察情報に疑問
検察発表以外の記事を書くと記者クラブ出入り禁止になるので
マスコミは操作されているも同じで
民主党が調査チームを結成した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100120-00000503-san-soci

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。